イチローと松井秀喜の今の活躍はコーチの父親抜きでは語れませんね、あなたも未来のメジャーリーガーの父親になれるかも!

少年野球指導法 お父さん・お母さんあなたも名監督・コーチ TOP > 少年野球指導プログラム

少年野球指導プログラム

 

夢は第二のイチロー、松井秀喜選手


未来のメジャーリーガー、プロ野球選手?育成プログラム

村上隆行の
「お父さんでも一流の打撃コーチになれるバッティング指導法」

お父さんでも私と同じ指導が出来ます。

野球経験のないお父さんにとってお子さんに技術的なアドバイスをするのは難しいことかも知れません。
お子さんに技術的な質問をされて困る方も多いのではないでしょうか。
自分の教えている方法が本当に正しいのかどうか不安になられる方も多いと思います。
私の野球教室に初めて来られるご父兄からも良く相談を受けます。
「どのような指導法が良いのでしょうか?」と。

「基本が大切です。自宅でも基本を中心とした自主練習をしっかり行って下さい」と。
世の中には野球に関する情報がありふれています。
どの情報がお子さんにとって役に立つのか選択することは難しいことだと思います。
お父さんこそ野球の基本を身につけて、
バッティングの理論をマスターして息子さんの良いコーチとなり父親の威厳を。
ぜひ私の指導法を身に付けて頂きお子さんを指導して欲しいと思います。

元千葉ロッテマリーンズ黒木流
『ベスト・ピッチング!プログラム』

球速をアップさせたい!変化球を!三振を取りたい!


球速アップ、カーブのキレが増す方法をお探しであれば、
このサイトは必ずお役に立てます。

多くの人が効率よく球速アップでき、カーブのキレを増すことができるある方法を
お伝えするからです。
ある法則を知ってしまっただけなのです。

重心とリリースの法則です。

たったそれだけです。

しかし私は、その法則を使い、あっという間にカーブ回転の悩みを解決し、
自分の球筋を一変させただけなのです。

そして実際に、数え切れない方のピッチングの悩みを、
その法則により一変させてきました。

その法則の全てを、あなたにお伝えします。

少年野球選手のお父さんにカリスマトレーナー森部昌広が伝授

野球は『才能』や『センス』と全く関係ありません。

ピッチャーに必要な全てを、このプログラムで強化&改善し、
球速を140km/hレベルにまで引き上げます。
150km/h以上になってくると、生まれつきの体格を含めた才能が関係してくるでしょうが、
140km/hレベルまでは、正しいトレーニングをこなすことで、
誰にでも到達することが できます。

私がこれまで20年間、現場で色々な競技スポーツの選手に関わり、
肉体改造と動き上達の指導をしてきた経験から、『少年からプロ』まで、
誰が実践しても総合的に、そして飛躍的に結果が出る内容にしています。

また、ケガや、突然全力投球できなくなるといった、間違ったトレーニングではないので、
将来、肩や肘、首を壊すようなことは一切ありません。
むしろ、そうならないようにメニューを組んでいるので、100%安心して取り組んでください。


選手がグングン成長する奇跡の投手育成法

少年野球の指導者に求めらること

指導者の立場からすると、投手を育てることは、どのポジションを教えるよりも非常に難しいと思います。

私も約19年間野球に関わり、何百人という指導者と関わってきていますので、本当に良くわかります。

そこで今回、選手たちの上達を心から望むあなたのために、投手育成に特化した、キャッチボールから投球フォーム、球のスピードを上げるための理論から練習方法、ひじ・肩のケアの方法を「お父さんのための野球教室〜選手達がグングン成長する奇跡の投手育成法」という題名でまとめました。

「お父さんのための野球教室〜選手達がグングン成長する奇跡の投手育成法」であなたが知ることができる。

元西武ライオンズ、垣内哲也と大塚光二の
7日間スラッガー養成プロジェクト


飛距離がグングン伸びる

「ヒットを量産したい!」「飛距離を伸ばしてホームランを連発したい!」
という方へ向けた手紙です。
野球が上達する人、しない人。
いったいその違いはどこから来るのか??その答えはいたってシンプル。

これから公開する練習法を知っているか知らないかの違いです
ただ、ここで一つだけ約束してください。
しっかりと7日間続けていくこと。それさえ守っていただければ、
最強のスラッガーになる事が出来るでしょう。





 


 

インテリア・建築:エッチングガラスを企画・製作 心・うつ病からの解放と健康!  芸能事務所でも採用 バストアップ術 B-upガールズ サイト管理人のつぶやき 名古屋市議管 市議OBが委員だった!名古屋市議会の解散請求(リコール)に失敗した河村たかし市長の支援団体関係者がカンカンだ。怒りのホコ先は市選挙管理委員会。審査期間を1カ月間も延長し、無理やり署名の無効率をハネ上げたことが許せんというわけだ。今回の署名の無効率は異様だ。全国の解散署名の平均無効率(03〜06年)が9.4%なのに対し、名古屋のケースは実に24%と3倍近いからだ、選管が署名者に送った調査票に"ミソ"があります『請求代表者』と『わからない』を選ぶと有効、『受任者』と『請求代表者でも受任者でもない』を選ぶと無効です。しかし、一般の人は『請求代表者』なんて言葉になじみはないし、あやふやな『わからない』は無効になると考えがち。そこで『受任者』と答えて無効になった人が11万人中、約2万人もいたとみられるのです」調査票を作った市選管の委員は4人。うち3人が市議OBというから"身内"も同然である。